広島

賀茂精神医療センター

賀茂精神医療センターの所在地は、広島県東広島市黒瀬町南方92になります。近隣住民へ信頼される看護に励んでいます。外来の診療を受ける患者は86名、入院する患者は347人になります。包括性を重要視しています。

東広島医療センター

東広島医療センターには内科/神経内科/呼吸器科/消化器科/循環器科/小児科/外科/整形外科/脳神経外科/呼吸器外科/心臓血管外科/皮膚科/泌尿器科/婦人科/眼科/耳鼻咽喉科/放射線科/リハビリテーション科/麻酔科があります。1日に入院する患者さんは300名です。入院患者と家族が安心して入院を送れるような環境があります。

広島西医療センター

広島西医療センターは、広島県大竹市玖波4-1-1にあります。看護方式は効率の良い固定チームナーシングを採用し、看護師は働きやすく、患者には良質な医療を実施できるような体制を目指します。保険医療機関/救急告示医療機関/労災保険指定医療機関/指定自立支援医療機関(更生医療・育成医療・精神通院医療)/身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関/生活保護法指定医療機関/結核指定医療機関/戦傷病者特別援護法指定医療機関/原子爆弾被害者医療指定医療機関/原子爆弾被害者一般疾病医療取扱医療機関/母体保護法指定医の配置されている医療機関/へき地医療拠点病院/臨床研修指定病院(管理型)/特定疾患治療研究事業委託医療機関/小児慢性特定疾患治療研究事業委託医療機関などの厚生労働省からの指定を受け、地域の医療施設との協力を重視ています。

呉医療センター

呉医療センターの医療従事者は1150人在籍しており、看護師以外の院内スタッフと支え合うことも大事にしています。看護部では看護師を考えた2交替/3交替を導入し、家庭も思いやった勤務体制を意識しています。ママ看護師に不可欠な保育所はあります。病院周辺の保育所に関してもチェックしてみましょう。

福山市民病院

福山市民病院内の病床は400床あります。看護師と患者との温かい会話を重点においている病院です。入院患者は696.4人おります。急な入院でも親切な対応を考えています。

広島市立舟入病院

広島市立舟入病院は、広島県広島市中区舟入幸町14番11号に位置します。190床の病床を備えています。患者とナースとの距離の近い看護を進めています。オーバーワークしない7:1を活用しており、看護師長より新人看護師まで協力し合った看護が行われています。

広島市立安佐市民病院

広島市立安佐市民病院には、527床あり、治療を受ける患者のメンタルサポートも欠かしません。527床のベッドが設けられています。治療を受ける患者の精神的支援も大切にしています。保育所はあります。ママ看護師は、病院付近の保育施設に関して調べてみましょう。

広島市医師会運営・安芸市民病院

広島市医師会運営・安芸市民病院の医療従事者は165人勤めており、責任感のある看護を実施しています。看護部では、104名の看護師が籍を置いており、ブランクのあるナースや新人看護師もひたむきに看護に就いています。

市立三次中央病院

市立三次中央病院には内科/呼吸器内科/循環器内科/消化器内科(胃腸内科)/糖尿病内科(代謝内科)/皮膚科/小児科/外科/泌尿器科/脳神経外科/整形外科/眼科/耳鼻いんこう科/産婦人科/リハビリテーション科/放射線科/麻酔科/歯科口腔外科が設けられており、地域を大切に思いやる医療に勤しんでいます。へき地中核病院/災害拠点病院(地域災害医療センター)/臨床研修病院/広島県へき地医療拠点病院/小児救急医療拠点病院/地域がん診療連携拠点病院の指定があります。認定された病院として機能を背負っています。

こども発達支援センター

こども発達支援センターの医療職に就く職員は4人勤務しており、看護師以外の医療従事者と支え合うことも忘れません。日本医療機能評価機構より医療評価を受けています。質が高い医療を目標としています。

公立世羅中央病院

公立世羅中央病院の職員は118人勤務しています。責任感に満ちた医療を実行しています。看護部では効率が良い3交替/2交替を使っており、看護師が勤務しやすい環境作りに努めています。

県立安芸津病院

県立安芸津病院は、広島県東広島市安芸津町三津4388に開院しており、診療科目は、内科/皮膚科/小児科/外科/泌尿器科/整形外科/眼科/耳鼻いんこう科/産婦人科/リハビリテーション科/放射線科があります。医療を求める患者に合わせた治療を目指しています。2次救急(竹原地区病院群輪番制病院)の指定を受けています。認定された医療施設の機能を持ち合わせています。患者を考えた固定チームナーシングを取り入れています。1人1人の看護師が力を生かした看護が行えるよう努めています。

尾道市立市民病院

尾道市立市民病院は、広島県尾道市新高山3-1170-177にあり、診療科目は、内科/呼吸器内科/循環器内科/消化器内科(胃腸内科)/神経内科/皮膚科/アレルギー科/リウマチ科/小児科/精神科/外科/泌尿器科/肛門外科/脳神経外科/整形外科/眼科/耳鼻いんこう科/産婦人科/リハビリテーション科/放射線科/麻酔科/歯科/歯科口腔外科があります。医療を求める患者に合った治療を行います。入院患者の数は243.3名で、入院する患者に対し、看護師の持ち味を重視した看護を実施しています。看護部では、認定看護師が7人います。専門知識の高い医療技術と看護スキルを得た看護師と一緒に職に就けます。

中国労災病院

中国労災病院の院内スタッフは613名活躍しており、医療スタッフが全員で、住民にトータル的な医療が行えるよう努めています。看護部では、混合型チームナーシングを採用し、看護体系7:1で看護師は就労しています。効率の良い高い質のある看護を行っています。1日に外来する患者は1161人おります。外来を訪れる患者が安心して通院できるような設備を目指しています。

呉共済病院

呉共済病院に病床は394床備えられており、入院している患者さんのフラストレーションも配慮した看護を推し進めています。看護部はワークバランスを考えた2交替を導入しており、看護師が長く働ける環境作りを行っています。

広島総合病院

広島にある広島総合病院の職員数は、834名従事しています。診療は、呼吸器内科/循環器内科/腎臓内科/糖尿病代謝内科/神経内科/消化器内科/内視鏡科/小児科/精神・心療内科/外科/乳腺外科/整形外科/脳神経外科/呼吸器外科/心臓血管外科/皮膚科/泌尿器科/産婦人科/眼科/耳鼻咽喉科/放射線治療科/画像診断部/麻酔科/歯科口腔外科/手術室/救急・集中治療科/緩和ケア科になります。患者に信用を置かれる医療を進めています。病院群輪番制病院/災害拠点病院/脳死臓器提供病院/救急指定病院/臨床研修指定病院/地域医療支援病院/地域がん診療連携拠点病院/DPC対象病院/へき地医療拠点病院の指定を受けています。認定された病院として機能を背負っています。看護部では働きやすい2交替/3交替を使っています。プライベートの充実も配慮した勤務体制を進めています。

日本鋼管福山病院

日本鋼管福山病院は、広島県福山市大門町津之下1844に設けられ、診療科目に関しては、内科/消化器内科/外科/整形外科/産婦人科/小児科/形成外科/泌尿器科/眼科/耳鼻咽喉科/皮膚科/麻酔科/リハビリテーション科/放射線科/歯科/小児歯科です。病を患う患者に合った治療を目標にしています。看護部では、178名のナースが活動しており、患者側に立った心ある、十分な看護を志します。日本医療機能評価機構の医療評価を受けていません。質の高い医療を目標としています。

自衛隊呉病院

自衛隊呉病院の住所は、広島県呉市昭和町6-34であり、地域の人たちに信用される看護を志します。

済生会 広島病院

済生会 広島病院には内科/循環器内科/消化器内科/脳神経内科/心療内科/精神科/外科/消化器外科/呼吸器外科/乳腺外科/大腸・肛門外科/腫瘍外科/整形外科/形成外科/脳神経外科/小児科/泌尿器科/眼科/リハビリテーション科/放射線科/麻酔科があります。看護部では無理のない3交替を活用して、プライベートも配慮した勤務体制を目標にしています。1日の入院患者数は227.1名おり、入院患者と家族が心配なく毎日を送れる環境を整備しています。

三原赤十字病院

三原赤十字病院内では、周辺に住む方たちに頼られる医療施設を担えるよう、近接性を重視した医療を志しています。看護方式はミスのない医療を目指し固定チーム継続受け持ち制を用いています。看護師は長い間勤められ、治療を有する患者には質の高い看護を進められるような体制を構築しています。日本医療機能評価機構による評価を受けていません。毎日、医療の質の向上を考え、院内スタッフ全員で、質のある医療に努めています。

広島赤十字・原爆病院

広島赤十字・原爆病院は、広島県広島市中区千田町1-9-6にあります。651床のベッドを備えています。患者とナースとの間が近い医療にあたっています。保険医療機関/児童福祉法に基づく養育医療指定医療機関/被爆者一般疾病医療機関/生活保護法に基づく指定医療機関/労災保険指定医療機関/小児慢性疾患及び特定疾患指定医療機関/公害健康被害の補償等に関する法律に基づく指定医療機関/戦傷病者特別援護法に基づく指定医療機関/母子保健法に基づく指定医療機関/母体保護法に基づく指定医療機関/原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律に基づく指定医療機関/感染症法に基づく感染症指定医療機関(結核指定医療機関)/障害者自立支援法に基づく指定自立支援医療機関(更正・育成に指定された医療施設としての機能を担い、指定のある医療の重要な医療を進めています。看護部では看護師を考えた3交替を用いています。家庭も考えた勤務形態を構築しています。

庄原赤十字病院

庄原赤十字病院は、広島県庄原市西本町2-7-10に設けられ、診療科目は、内科/循環器科/小児科/外科/脳神経外科/整形外科/眼科/耳鼻咽喉科/皮膚科/泌尿器科/婦人科/放射線科/麻酔科/リハビリ科です。患者に見合った診療を目指しています。結核予防法指定医療機関/身体障害者福祉法による更正指定医療機関/保険医療機関/児童福祉法に基づく養育医療指定医療機関/被爆者一般疾病指定医療機関/生活保護法による指定医療機関/労働災害保険指定医療機関/小児特定疾患および特定疾患指定医療機関/公害健康被害の補償等に関する法律等による/二次救急指定病院/優生保護法による指定医療機関/戦傷病者特別援護法による指定医療機関/母子保健法による指定医療機関/育成医療指定病院/被爆者医療指定医療機関/毒ガス障害者に対する救済措置要綱に基づく医療の実施医療機関の指定をされています。周りの医療・福祉施設との協力を大事に考えています。庄原赤十字病院のナースは195名、在籍しており、緊張した中にも心温まるナースステーション作りを心がけています。

マツダ病院

マツダ病院は、広島県安芸郡府中町青崎南2-15に建てられています。300床の病床を保有し、治療を受ける側と看護師との間が近い看護を進めています。1日に入院する患者は230人です。急ぎの入院に関しても親切な対応をしています。看護師は長く勤務できる2交代で勤務しています。プライベートの充実を踏まえて、看護師同士のチームワークも忘れません。

JR広島病院(旧JR広島鉄道病院)

JR広島病院(旧JR広島鉄道病院)には消化器内科/循環器内科/呼吸器内科/外科/心臓血管外科・成人科/整形外科/リハビリテーション科/神経科・精神科/小児科/皮膚科/産婦人科/泌尿器科/耳鼻咽喉科/眼科/放射線科/麻酔科/歯科・口腔外科が設けられており、地域の為の医療を行っています。看護部はワークバランスを考えた三交替を使っており、看護師が勤めやすい環境作りを進めています。

中電病院

中電病院の職員は288名で、職員皆で、住民に総合的な医療を進められるよう努力しています。看護部では看護師を考えた3交替を使っています。家庭も考えた勤務形態を進めています。厚生労働省 臨床研修病院/厚生労働省 協力型臨床研修施設(内科)/厚生労働省 そしゃく機能障害に関する指定歯科医師/日本内視鏡学会認定指導施設 /日本循環器病学会循環器専門医研修関連施設/広島県肝疾患診療支援専門医療機関/肝炎インターフェロン治療指定医療機関/日本高血圧学会認定研修施設/日本外科学会専門医制度修練施設 /日本消化器外科学会専門医修練施設/日本整形外科学会臨床研修施設 /日本がん治療認定医機構認定研修施設/日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設 /日本泌尿器科学会泌尿器科専門の認定を受けており、認定を受けた医療を実施しています。

広島逓信病院

広島逓信病院には内科/外科/産婦人科/小児科/眼科/整形外科があります。日本医療機能評価機構からの医療評価を受けていません。日々、医療の質を高め、全ての医療スタッフが質を上げた医療に努めています。

広島大学病院

広島大学病院のスタッフは2313人勤務しており、看護師以外の医療従事者と支え合うことも重きに置いています。インプラント義歯/悪性高熱症診断法(スキンドファイバー法)/骨髄細胞移植による血管新生療法/難治性眼疾患に対する羊膜移植術/超音波骨折治療法/自己腫瘍・組織及び樹状細胞を用いた活性化自己リンパ球移入療法/(他の保険医療機関に対して検体の採取以外の業務を委託して実施する保険医療機関)先天性難聴の遺伝子診断/歯科用CAD・CAMシステムを用いたハイブリッドレジンによる歯冠補綴/内視鏡的大腸粘膜下層剥離術/パクリタキセル静脈内投与、カルボプラチン静脈内投与及びベバシズマブ静脈内投与の併用療法(これらを三週間に一回投与するものに限る。)並びにベバシズマブ静脈内投与(三週間に一回投与するものに限る。)による維持療法、再発卵巣がん、卵管がん又は原発性腹膜がんを実施しています。保険医療機関/消防法による救急医療(救/病院)/生活保護法による医療機関/結核予防法による医療機関/労働者災害補償保険法による医療機関特定承認保険医療機関/原爆医療法による医療機関/母子保健法による医療機関/精神保健法による医療機関/高度救命救急センター指定医療機関/膵移植実施施設/小児慢性特定疾患治療研究/先天性代謝異常/ぜんそく/血友病等血液疾患/慢性心疾患/内分泌疾患/特定疾患治療研究/ベーチェット病/全身性エリテマトーデス/サルコイドーシス/特発性血小板減少性紫斑病/アミロイドーシス/多の指定を受けた病院で、職員全員が自覚を持った医療に励んでいます。看護部では多くの病院が活用する3交替を活用して、子育てとの両立も考えた勤務形式を意識しています。